ブログ

blog

MoxRig for Blender2.8にテクスチャを貼る


Blender2.8でテクスチャを貼る方法を紹介します。

先日公開したMoxRig for Blender2.8にはUV設定がなされており、マッピングの手間を省いてテクスチャを貼ることができます。

では、さっそく始めましょう。

1、プラグイン Node Wranglerアクティブにする

テクスチャを貼り付ける作業を簡単にするメジャーなプラグインです。標準で組み込み済みであるにも関わらず、デフォルトでアクティブにはなっていません。これを機会にアクティブにしましょう。 日本人的な読み方は諸説ありますが、僕はノードラングラーと読んでおります。

2、ノードエディターでテクスチャを貼る

MoxRigのメッシュを選択、ノードエディターを開き、シェーダータイプがオブジェクトでMoxのマテリアルが指定されていることを確認。プリンシプルBSDFを選択した状態でショートカットCtrl+Shift+tを押します。

画像指定のエクスプローラーが出るので指定します。ノーマルマップやバンブマップなども指定したい場合はShiftキーを押しながらの選択で複数指定できます。「Node Wrangler」の機能により、ファイル名から最適なシェーダーを自動設定してくれます。

貼れました。
3Dビューのシェーディングモードをテクスチャーの見えるものに変更すれば表示されます。
マッピングの拡大縮小など各種パラメーターを調整してください。

あとはHDRIや、ライティングの設定をすれば完成です。

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・