ブログ

blog

Excelの表をAipoWikiの表へ変換


全国1500社のAipoクラウドユーザーかつ、AipoWikiを使用している同士達に捧げるエクセルVBAスクリプト。それが「Excel2AipoWikiTabel」です。

エクセルで作った表を、AipoWikiのテーブルに変換します。

このようにエクセルで作った表を

AipoWikiのテーブルに変換するわけです。

ではさっそく使い方を・・

  1. エクセルで表を作りファイルを保存します。
  2. 表の範囲を選択します。
  3. VBAに次のコードを貼り付けて実行します。
  4. エクセルの保存先と同じところにAipoWikiTable.txtファイルが出力されます。そのテキストがAipoのテーブルコードになります。コピペしてAipoWikiに貼り付けましょう

Sub Excel2AipoWikiTabel()

    Dim strFilePath As String
    strFilePath = ActiveWorkbook.Path & "\AipoWikiTable.txt"
    Debug.Print strFilePath
    

    Open strFilePath For Output As #1
    
    Print #1, "{|"
    Print #1, "|-"
    
    For Each cell In Selection
    
        If cell.Address = Selection(1).Address Then '最初のセルだったら
            Print #1, "!" & cell.Value;
        
        ElseIf cell.Row = 1 Then '1行目だったら
            Print #1, "!!" & cell.Value;
            
        Else '2行目以降であれば
            If cell.Column = 1 Then '1列目だったら
                Debug.Print "1列目"
                Print #1, vbCrLf & "|-" & vbCrLf & "|" & cell.Value;
                
            Else
                Print #1, "||" & cell.Value;
            End If
        End If
    
    Next
    
    Print #1, vbCrLf + "|}"
    Close #1

    MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation

 
End Sub


注意事項

  • 結合されたセルは分割されて出力されます。
  • 一番上の行は自動的にヘッダー扱いになります。

おわり

と、思ったら、こんなものが

http://www.tablesgenerator.com/mediawiki_tables

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・