情報・資料      2010.07.29 ( 最終更新日:2017/06/09 )

Autodesk Entertainment Creation Suite(再)  映像クリエイター意識調査

■ Autodesk Entertainment Creation Suite (Autodesk)
3日連続での Autodesk Entertainment Creation Suite です。
昨日のブログで日本の公式にも発表されてますね、などと書いてしまいましたが、
たしか、昨年からすでにありましたね。 というか、弊社でも購入していました・・・。ボケをかましてしまいました。
ただ、おととい海外の公式で発表されていたプレミアム(SI がMAYAもしくはMAXについてくる)が日本の公式にも掲載されていますね。
値段はまだのようです。

映像クリエイター意識調査 2010  (Creators’ Heads)
Creators’ Headsさんで、意識調査をやっています。私もやらせて頂きました。設問に全部答えるとプレゼントに応募できますよっ。

スローモーションで破壊の美をとことん味わうショートムービー『Tempus II』  (涙目で仕事しないSE)
7分近くあるので意外と長いですけど、物体が砕け散る破壊の美学を堪能できます。

パナソニック、世界初の家庭用3D対応ビデオカメラを発売  ( ITmedia)
3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」のお値段が3万8000円前後だそうです。
3Dビエラで見るものが無い人などはこれで撮ったのを見るとかどうでしょう。
想い出もいよいよ3D時代になってくるのでしょうかね。

広告業界の舞台裏――ダメな広告が作られてしまう理由  (blogs.com)
なんかありそうな気もしないでもないですね。

NVIDIA、Fermiベースのワークステーション向けGPU「Quadro 6000/5000/4000」 ~最大6GBのメモリを搭載。3D Visionも拡張 (PC Watch)
ついに次世代Quadroが発表されたようです。380 と 580の新作はでないのでしょうか。

サイトに貼るだけでアクセス数が3倍になる”ある画像”とは? (おもしろブログ記事のまとめサイト)
「そうだ、うちのブログに毎日こういう画像を貼り付けてみてはどうだろうか」、と弊社社長が言ってたような。

AUTHOR

akky