情報・資料      2010.09.04 ( 最終更新日:2017/06/09 )

【CEDEC 2010】  映像クリエイター意識調査2010結果

映像クリエイター意識調査 2010  ( Creators’ Heads)
Creators’ Headsさんの方で7月29日~8月16日の間行われていた映像クリエイター意識調査の結果(第一弾)が発表されています。
日本の映像クリエイターの中でも、海外志向の方が多いようですね。

【CEDEC 2010】大塚康生氏×上田文人氏の夢の対談が実現! 独占インタビューも!  (ファミ通.com)
先日行われたCEDEC関連のレポートがいろいろなところで掲載されていますが、
その中でも注目されていたのではないかと思われる、大塚康生さんと上田文人さんの対談セッションのレポートです。
すごい混むのではないかと予想してたんですけど、大ホールだったのもあって座れたようですね。

[CEDEC]「Final Fantasy XIV」の2万4000ものモーションは,どのように作られたのか。そのワークフローに迫る  (4Gamer.net)
こちらもCEDECより、同じく注目されていたのではないかと思われるFF14のアニメーションについてのセッションレポートです。
今回のモーション量2万4千程。その量をこなすのに必要なワークフローについて語られています。
そもそも処理負荷の関係で、アニメーションパターンを増やす必要になったためこの量になったとか。
社内プリプロ時にスケジュール面からワークフローの見直しをしたそうです。
解決策として作業の一部を自動化で処理する事に。それで1日の作業量が5倍に出来たそうです。
基本的にはクリエイティビティを必要としない退屈な作業を自動化にしたそうです。

「Final Fantasy XIVのアニメーションワークフロー」講演レポート  (GAME Watch)
こちらにも上記と同セッションのレポート。

ゲーム大手、アミューズメント施設に3D対応機投入 (Japanimate.com)
いよいよ、ゲームセンターなどのアミューズメント施設にも3Dゲーム機が登場するんですね。
バンダイナムコゲームス、コナミなど大手会社からで、専用眼鏡を使うタイプのようです。

■ 9月4日よりGyaO!にて今敏監督作品『PERFECT BLUE』を配信 (最新アニメ情報)
本日から9月30日(木)までの期間、GyaO! Presented by Yahoo! JAPANにて『PERFECT BLUE』の配信が行われるそうです。

■ アニメ会社「グループ・タック」破産 「タッチ」製作  (asahi.com)
設立者である社長さんが7月に亡くなって事業継続が難しいと判断されたとの事。

AUTHOR

akky