ブログ

blog

maya avi標準コーデック比較


windowsへの提供を終了したQuickTimeなき今、MAYAでプレイブラストする時の唯一の動画フォーマットは
aviのみです。そして、aviでプレイブラスト(レンダリング)を行うときに、問題になるのがコーデックです。

コーデックとは、「圧縮方法」のことです。デフォルトでこのコーデックはnoneに設定されており、言葉どおり「圧縮しない」という意味です。
無圧縮は1ファイル数GBになることも多く、ここをnoneにするのはいろんな意味で危険です。

コーデックには数々の種類があり、今のトレンドは、h.264、h.265(HEVC)あたりですが、
QuickTimeを使わずにMAYAにそれらのコーデックを組み込むのは、私が調べた限り不可能です。

つまり、今後はMAYA標準のコーデックのみで動画を生成しなければいけなくなります。

もちろん、別の変換ソフトを使ってコーデックの適用された動画を生成することは出来ますが、手間暇がかかるので、個人的には避けて通っています。

さて、本題。

MAYAの標準コーデックで最適なものはどれでしょうか。

 

 

まず結論から

MS-CRAMを使え!

そして、こちらがMAYA標準Aviコーデック一覧と比較結果です。

サンプル動画の設定は640*360、 60fps、約2秒、  quality70
ゲームモーションを想定し60fpsで出力しています。

比較用動画ダウンロード(zip 、8Mb)

コーデック名
容量 (Mb)
画質
解説
none 86.3 無圧縮 容量が多いが画質が最高。可逆圧縮
IYUV 43.1

最高の画質を維持しつつ容量はnoneの半分になる。可逆圧縮
MS-CRAM 1.82

別名「MS Video 1」 と呼ばれる。
cinePackの1~3倍の容量。cinePackよりも処理がはやい。画質は悪く、ブロックノイズが気になる。色数が少ないなら圧縮率は高い。
MS-YUV 動画にならず。存在意義不明
Toshiba YUV411 動画にならず。存在意義不明
MS-RLE

 

動画にならず。存在意義不明
h.264 (qt) 1.9 比較用 QuickTimeがなれけば使えない。画質圧縮率ともに素晴らしい。

サンプル動画は色数が少ないので、色の多い動画では違う結果になることが予測されます。
このサンプルの場合コーデックによる違いはほぼありませんが、MS-CRAMだけ劣化が目立ちます。
と、いっても動画を再生している分には、まず気になりません。
であれば、
プレビューや、モーションチェック用の動画生成を目的とするならば、適したコーデックはMS-CRAMです。

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・