ブログ

blog

【Maya】MoxLocaltoWorld


Mayaのアニメーションサポート用スクリプトを公開します。

概要 

Localで制御されるノードをワールド座標で制御できるようにします。

業界内でおなじみの「LocaltoWorld」のMoxバージョンです。一般的に出回っている「 LocaltoWorld 」との違いは次の通り

  • 範囲設定がない。すべてタイムスライダーで範囲を制御する。
  • Freeze Transformationがない。(使う機会がないので削除した)
  • ワールド座標用のノードはLocator以外も選べるように。
  • retunr後に、blendアトリビュートが残っていたのを消えるように。
  • ワールド座標用のノード名が長すぎるので、末尾に追加される名前を「_Local_to_world」から「_world」に変更。
  • ウインドウがちょっとコンパクトに。
  • bakeSimulation のオプションがある。
  • Pythonで出来ている

使い方 

ノードを一つ、または複数選択し、各々のコンストレイントボタンをクリックでワールド座標用のコントローラーが出現します。
元のローカル制御に戻すときは、ワールド座標用のコントローラーを選択し、Returnボタンをクリックします。

  • 【deleteBlend at return】
    return実行後に、ベイク先のblendアトリビュートを消します。デフォルトはOnです。
    すでにブレンドされているノードの場合は、チェックをはずしておくのがよいでしょう。 
  • 【shape】
    ワールド座標用のコントローラーの形を選択します。Locatorのほか、Cube, circle, Rombus, Pyramidがあります。 
  • 【size】
    ワールド座標用のコントローラーのサイズを指定します。
    直接入力のほかフィールド欄上で、Ctrlキーを押しながらマウス左ドックで数字が変更できます。
  • 【bakeSimulation】
    タイム レンジ全体での各アトリビュートの個別評価ではなく、シミュレーションを行います。 シミュレーション フラグは、ダイナミクスのような各時間ステップで評価されるシーン全体に依存する、アニメーションのベイク処理に必要です。デフォルトはTrue です。
  • 【bakeSampleBy】
    フルベイクをするか、指定の間隔でベイクするかを選択します。デフォルトはフルベイクの1です。
  • 【point】
    位置のみをワールド座標で制御します。
  • 【Orient】
    回転のみをワールド座標で制御します。
  • 【Parent】
    位置と回転の両方を一つのコントローラーでワールド座標で制御します
  • 【Return】
    オリジナルの座標(ローカル座標)に戻します。ワールド座標用のノードは消えます

インストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍し、中身のpythonファイルを scriptフォルダにいれて次のコードをscriptEditor(python)で実行してください。

import MoxLocaltoWorld;reload (MoxLocaltoWorld)

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・