ブログ

blog

【Maya】MoxPose2Shelf


Mayaのアニメーションサポート用スクリプトを公開します。

概要 

ポーズをシェルフに保存します。

業界内でおなじみの「Pose2Shelft」のMoxバージョンです。一般的に出回っている「 Pose2Shelft 」との違いは次の通り

  • スクリーンショット機能を搭載。
  • ラベルを非表示にするオプション付き。
  • 選択したリグコントローラーにのみポーズを適用できる。
  • 出力言語がpython。
  • 登録したシェフルをダブルクリックで一時的にネームスペースを編集してポーズを適用できる。(ポーズのみ)

使い方 

コントローラーを選択して、poseボタンを押す。
selectionボタンは、選択セットをシェルフに登録します。

スクリーンショットは、ビューポートが正方形のときの構図を撮影します。
妙に小さく映るときは、ビューポートを正方形か、縦長にし構図を決めてから実行するとうまく撮影できます。

スクリーンショットのデータは以下に生成されます。
C:\Users\あなたの名前\Documents\maya\scripts\MoxPose2Shelf_icons
Windows版のみを想定して作られているのでMacOS版はソースを改造し、パスを変更する必要があります。
登録されたShelfを削除してもスクリーンショットは自動で消えないので、必要であれば手動でこのフォルダから削除するようにしてください。

作ったポーズシェルフをダブルクリックで、ネームスペース編集エディタが開きます。一時的にですが、ネームスペースの違うモデルに適用する場合に使えます。

インストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍し、中身のpythonファイルを scriptフォルダにいれて次のコードをscriptEditor(python)で実行してください。

import MoxPose2Shelf;reload(MoxPose2Shelf)

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・