Script      2019.10.25 ( 最終更新日:2021/11/26 )

【Maya】MoxJitter

Mayaのアニメーションサポート用スクリプトを公開します。

概要 

Fカーブにランダムなギザギザを追加。震えモーションなどで使います。

使い方 

カーブ、または範囲を選択して実行。複数選択も可

  • 【timestep】
    フレームを打つ間隔。2であれば2フレおきにキーを配置。
    「+-」でフレームの誤差を指定。0であれ、完全な等間隔になり、1であれば誤差1Fの間隔で打つ。 
  • 【value】
    キーの値。元となる値に加算、次のフレームで減算、次のフレームで加算・・・・を繰り返していく。1であれば値の高低差は2になる。
    「+-」は値の誤差を指定。+-の値を、valueの値以上にすると、ランダム感が結構でる。 
  • 【Flat】
    平坦に値を追加していく

  • 【Increase】
    値が徐々に大きくなる。最大値がvalueとなる。

  • 【Decrease】
    値が徐々に小さくなる。最小値がvalueとなる。

Maya インストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍し、中身のpythonファイルを scriptフォルダにいれて次のコードをscriptEditor(python)で実行してください。

import MoxJitter;reload (MoxJitter)

MayaLTインストール方法

ダウンロードしたファイルを解凍し、中身のpythonファイルを scriptフォルダ( ユーザー名\Documents\maya\scripts )にいれて次のコードをscriptEditor(mel)で実行してください。

{
string $myScriptDir = substituteAllString(`internalVar -uwd`,"projects","scripts");
python("execfile('"+$myScriptDir + "MoxJitter.py')");
}

更新履歴

  • 2021年11月26日 MayaLTに対応

AUTHOR

sumioka