ブログ

blog

Mayaの自社製Script一覧


ここ連日で公開しているMayaの自社製スクリプトですが、非公開も含めて一旦まとめてみます。スクリプトは主にモーション制作、リギング、シーン管理などに使えるものになります。

公開されるスクリプトの決定については、アップデートが頻繁でないものや、ソースコードの少ないもの、開発期間が短いもの、利用価値としての償却が済んでいるもの、汎用性の高いものを選択しています。リストにはあるが非公開のものについては、なんらかの形(セミナー、ビールウェア、○○ウェアなどの限定的な配布、または販売)で公開の可能性があります。

公開へのリンクは貼っていませんので お手数ですが、ブログ>カテゴリ>script>maya からご確認ください。※このリストは非公開のものも含んでいます。

各バージョンによる動作確認は行っておりませんが多くは2014~2016で制作されております。サポートは行ってはいませんが、バグ報告をいただければ対応する可能性はありますので、お問い合わせコーナーより御連絡お願いします。なお、ご使用は自己責任でお願いします。

スクリプト名説明
MoxAlignTangent アニメーションカーブの最初と最後のキーを揃えてループモーションを滑らかにする。
MoxAutoRigging 人型キャラのリグを自動生成
MoxBreakdown 前後のポーズの比率に応じた中間のポーズを挿入します。
MoxCapEditor モーキャプ編集支援
MoxCommandloder path入力でシーンをロード 
MoxCycleKey Fカーブのコピペで、サイクルアニメーションを実現します。
MoxDeleteFractionKeys 小数点のフレーム上にあるキーを全て抹殺
MoxFbxExporter シンプルに、アニメーションつきキャラクター1体をFBXとして出力します。
MoxFcurveFlip Fカーブを反転する
MoxFit 位置合わせ、回転合わせ、parent合わせをシェルフエディタから実行します。
MoxJitter Fカーブにランダムなギザギザを追加。震えモーションなどで使います。
MoxKeyReductor グラフエディタのアニメーションカーブのキーをリダクションします。
MoxLocaltoWorld Localで制御されるノードをワールド座標で制御できるようにします。
MoxMirror リグを問わずアニメーション、またはポーズをミラー化します。 
MoxPicker 選択ツールです。SIのスケマティックビューのように矩形選択ができます。
MoxPose2Shelf ポーズをシェルフに保存します。
MoxPoseLibrary ポーズライブラリの保存と使用を行うツールです。
MoxPosePick 指定したキーポーズを残して、余分な補完キーを全て削除します。
MoxRangeEditor 再生範囲を複数指定できます。
MoxReplaceSave リファレンスファイルを差し替えて、指定フォルダにシーンを保存しなおします。
MoxReTarget RigからRigへアニメーションを転送する。またモーキャプしたFBXデータをリグに流し込むのに使います。
MoxReverseCns コンストレイントを反転する
MoxRigController リギング支援。コントローラープリミティブをGet
MoxRiggingTool リギング支援。リギングに必要な機能をまとめました。
MoxRotatetoIK 回転をIKで制御します。
MoxRoundOne 360度以上離れた回転Fカーブを360度以内にオフセットします 。
MoxSceneLoader リストからワンクリックでシーンをロードする。
大量にあるモーションの確認にどうぞ。
MoxSetTimeLine タイムラインをアニメーションの範囲に変更
MoxSymmetry 選択した2つのノードを指定した軸にそって反転コピーします。
MoxTang preferences > Animation > Tangents の設定を
シェルフエディタから実行できるようにします。
MoxVolumeScale 選択したオブジェクトをボリュームスケールします。
MoxWorld2Local ワールドで制御されるノードをローカル座標で制御できるようにします。
MoxYaw モーション全体の向きを修正します。
明後日の方向に走ったり、敵に背を向けてシャドーボクシングしているのを正したい時にどうぞ。

Mox-Motionに興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!

採用希望の方は・・・